本サイトで提供しているイレッサ®錠250についての情報は、患者の皆さまや家族の方などにイレッサ®錠250についての正しい理解と、重大な副作用の早期発見などに役立てていただくために提供するもので、医学的な判断、アドバイスを提供するものではありません。
イレッサ®錠250については、患者さま独自の判断で服用(使用)を中止・開始したりなど、飲み方を変えたりすると危険な場合があります。
イレッサ®錠250について疑問など持たれた場合や治療等に際しては、主治医又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

このお薬をほかのお薬(市販薬を含む)と一緒に飲むときは、かかったすべての医師と薬剤師に伝えましょう。
このお薬を服用中にかぜの様な症状:息切れ、呼吸がしにくい、咳および発熱等の症状があらわれたときは、急性肺障害、間質性肺炎の可能性がありますので、すみやかに医療機関を受診してください。
他にも気になる症状があらわれたときには、すみやかに医師または薬剤師に相談してください。
このお薬を飲んでいる間は、定期的に肺の変化をみるために胸部X線検査やCT検査および肝臓の働きを調べる血液検査などをする必要があります。
医師の判断により心電図検査を行うことがあります。
健康食品として売られているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品と一緒に飲むと、このお薬の作用が弱くなりますので、医師または薬剤師に相談してください。
グレープフルーツジュースは、このお薬の作用を強くして副作用をおこすことがあります。
このお薬を飲んでいる婦人は、妊娠をさけてください。
このお薬を飲んでいる間は授乳をさけてください。

2017年3月掲載(201903)

ご利用規約プライバシーポリシーCookie(クッキー)についてサイトマップ

Copyright© AstraZeneca. All rights reserved.

アストラゼネカ株式会社