本サイトで提供しているイレッサ®錠250についての情報は、患者の皆さまや家族の方などにイレッサ®錠250についての正しい理解と、重大な副作用の早期発見などに役立てていただくために提供するもので、医学的な判断、アドバイスを提供するものではありません。
イレッサ®錠250については、患者さま独自の判断で服用(使用)を中止・開始したりなど、飲み方を変えたりすると危険な場合があります。
イレッサ®錠250について疑問など持たれた場合や治療等に際しては、主治医又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

望ましくない作用を副作用といいます。多くのお薬と同じようにこのお薬も副作用がおこることがあります。
このお薬では、皮膚や消化器の症状が多くみられます。また、爪の障害などがみられることもあります。
呼吸がしにくい、またはかぜの様な症状がつづく
下痢がひどくて止まらない
のどが渇く、体がだるい、尿量が減っている
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑(全身の赤い斑点と破れやすい水ぶくれ(水疱)、高熱(38℃以上)、まぶたや目の充血、唇や陰部のただれ、関節の痛み、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなる)
肝機能障害(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇といった血液検査値の異常、体がだるい、食欲がないなど)、肝炎、黄疸(はき気がする、尿が黄色くなり少なくなる、白目が黄色くなる)、肝不全(はき気がする、羽ばたくような手のふるえ)
血尿(尿に血がまざる)、血尿をともなう膀胱炎(排尿時に痛みがあるなど)
急性膵炎(食欲がない、はき気がする、胃・おなかの激しい痛み、背中の痛みなど)
消化管穿孔(おなかの激しい痛み、はき気がする)、消化管潰瘍(胃の痛み、血が混ざった便、便が黒くなる、はき気がする、空腹時にみぞおちが痛い)、消化管出血(血をはく、おなかの痛み、血が混ざった便、便が黒くなる、はき気がする)

*急性肺障害、間質性肺炎という病気の主な症状です。

頻度が高いもの(10%以上)
発疹、かゆみ、皮膚乾燥、皮膚の亀裂、にきび様の皮疹、下痢、肝機能障害(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇といった血液検査値の異常、体がだるい、食欲がないなど)
やや頻度が高いもの(1〜10%未満)
爪の障害、はき気がする、嘔吐、食欲がない、口内炎
頻度が低いもの(1%未満)
無力症、疲労、倦怠感(体が異常にだるく疲れやすい)、脱毛、皮下出血、皮膚血管の炎症(あざができる、点状出血)、結膜炎、眼瞼炎、角膜炎、角膜びらん(眼やまぶたの充血・かゆみ・ただれなど)、眼の乾燥注1)、口内の乾燥注1)、白血球減少、血小板減少(血液検査:鼻血、あおアザができる)、血管浮腫(まぶた、くちびる、舌、のどの腫れなど)、じんましん、鼻血、クレアチニン値上昇(血液検査:からだや足がむくむなど)、出血注2)、蛋白尿、発熱など
注1)
眼や口内の乾燥は、皮膚の乾燥に関連しておこる場合もあります。
注2)
血液凝固阻止剤のワルファリンと一緒に飲んだときに、おこることがあります。

副作用の頻度は、発売後の調査結果から算出しています。「10%以上」とは、イレッサ®を服用した100人の患者さんのうち10人以上の割合でこれらの副作用がみられた、という意味です。

2017年3月掲載(201903)

ご利用規約プライバシーポリシーCookie(クッキー)についてサイトマップ

Copyright© AstraZeneca. All rights reserved.

アストラゼネカ株式会社